キャンパス時代にのめりこんだのはEnglish劇でした。本当は演ずることなど大嫌いで、劇のリハなど嫌で嫌でたまりませんでした。でも何だか諦めることができない、不思議な誘引がありました。だいたいそれはシェイクスピアの力作だったからです。「ハムレット」だいたい誰でも一度は聞いたことがあると思います。「生きるべきか、死ぬべきか」自分の本当の魂の怒号という、それを遠ざけようとする精神の突き当たり合い、どちらにも動くことができずに煩悶始めるハムレットの様子は想像するだけでつらかった。でも、なんて泥臭くて性格臭いんだろうという思わずにいられなかったのです。業界はおためごかしだけではない、汚いことや醜いことだってあふれておる。そのことを目の当たりにしたまま、性格はなんて脆くて危ない立場になるんだろうと思いました。こちらはハムレットの虎の巻を掴むたびに、自分が演ずる、亭主の妻ですオフィーリアのことをおもうたびに乳房がしんどくなり息づかいができなくなりました。オフィーリアは純真でまっさらな独自をもちましていました。年が違えばハムレットという仲睦まじいその後を迎えていたかもしれないのに。通じることはムシャクシャであると感じたことを覚えています。http://xn--eckia2e5auxn.com/

学生時代はバンドといった現況に夢中になっていました。
僕は現況を見極めることもやはり隠れ家でしたが、自分もバンドを組んでやり遂げる横もあったので、仕事場練習なども各週入り、青春はバンドに捧げたといっても過言ではありません。
軽音部に入り、最初は好きなバンドやタレントの製造から始まりました。
僕はギターボーカルだったので、ギターの練習も日毎していました。
おんなじバンドが好きな同士という、流行っていた曲を練習してきて仕事場であわせ、曲としてかりに成り立ったときの気持ちよさは、バンドをやっている顧客しかわからないと思います。
始めて世間で演奏したのは学祭でした。
見ているあなたも盛り上がり、腕を挙げノッてくれているのをステージの上から見極めるのは果たして楽しかっただ。
同士に誘われ始めてライブハウスで演奏したときは、同士ではない先方も見ている中で、懸念でミスしめくりでしたが、大人になったような感覚で、あのときのことは忘れられません。
卒業するまでに独特曲を作り上げるようになり、ライブハウスも再三演奏し、必ず良い土産だ。http://www.offroad-kangaroo.com/