終始意識をする事を心掛けて成長してきたという実感はあたしにはあります。

ぐっすり、ダディーや同士に「おいしいね」と言われることがあります。
それは、”人との寸法の取り方”だ。
ざっくり言ってしまえば、”交際”なのでしょう。
ただ、私、きちんと他人に興味がないんです。
他人に興味がないといった自覚しているのに、他人から見れば「交際が旨い」とか「差異がちょうどいいね」とか言われるのは
言わば、不思議な感じではあるのですが、何より気を付けて要るという事を譲るとするならば
”空気を読む”って訳程なんですがね。
こちらばかりは、その人の持ってる感覚とか、そういったものが得てして出るんだは思うんですが、
ずっと意識をする事を心掛けて成長してきたという感覚は私にはあります。
小さい頃はそれでユーザーを傷つけたり、自責をさせたような感覚があったので、自然に進歩しようと思って、
意識的にその場の空気を読むようになりました。
とにかく人それぞれで、つながりチックにぐんぐん来てほしいユーザーって、そうでないユーザーっていうのは、ある。
それをうたい文句にしなくても意識的に察知して、
ユーザーとの差異を保つことができてるんだと思います。
自分で指してることが他人に評価されるはこういう事でも、良い気分ですね。おすすめはこちら!