私の得意なことは就業も身の回りも道楽もなんでも能率を考え合理的にすることだ。

私の得意なことは労働も身の回りも趣味もなんでも能率を考え合理的にすることだ。私の実例何事も待つという振る舞いが嫌いなので待つという時間に取れる仕事をしながらという実践をとります。そのため労働の容量としては他者の1.5ダブルから2倍以上はこなします。
こんなことは労働だけにしておけばいいのですが、身の回りもやってしまいます。たとえば私はお好み焼きが好物だ。お好み焼きを焼くのは時間がかかります。焼いている間に、食器を洗ったり、お風呂を洗ったり、メルアドをチェックしたりといった何やかややります。そうして裏返してまた洗濯物を取り込んだりなど暇を全く無駄にしません。お風呂を洗浄をめぐって水が入っていたら抜かないといういけません。こういう時間も待てないので水が抜け落ちるまでバキュームクリーナーで吸ったりしています。
趣味もやってしまいます。趣味は川の鮎釣りだ。ひとまず朝起きて弁当を作ります。卵やウインナー焼く暇を待つのが嫌なので、その間、ペットボトルにお茶を入れている。すると同時に設立エンドだ。
寝入るときもそうです。寝る前にPCの平安調査をかけ済んだら自動で電源が切れるようにして眠りにつきます。http://xn--ickvbvc0godx34uhif088j9d3a.pw/