本読みの魅力はというと自分が織りなすドラマというのもあるけれど自分の知らない世界の強みにふれることができることができるというのが一番の魅力です。

私の娯楽はテキストを掴むことです。
テキストの内容は、色んな任務のことが土俵であったりメルヘン関係であったり様々なジャンルの本を読みます。
本読みの魅力はというと個人が織りなすドラマというのもあるけれど自分の知らない世界の利点にさわることができることができるというのが一番の魅力です。
先日読んだテキストでいうと和菓子、本屋の世界、ハーブなどをコアとした書籍を読みましたが和菓子なら和菓子の利点。本屋なら本屋の系列ややりがいや手数。
そういったものが個々ドラマというから合わさったものに果てしなくウキウキできるし読んだのちに「和菓子食べたいな」とか「本屋で働いてみたいな」とか思わせて得るテキストは凄い魅力だと思います。
これがテレビジョンドラマや画像になってしまうと期間の尺が足りなくてテキストの利点を表現しきれない。
樹立マネジメントの情緒や反映などが入ってしまって世界観が変わってしまう。
がっかりしてしまうことが多いです。
私の付近ではあまりテキストを読む人がいないですが再びテキストを読む人が増えて得ると嬉しいと思います。http://www.scuole-vigezzo.com/