学生時代はバンドってリアルタイムに夢中になっていました。

学生時代はバンドといった現況に夢中になっていました。
僕は現況を見極めることもやはり隠れ家でしたが、自分もバンドを組んでやり遂げる横もあったので、仕事場練習なども各週入り、青春はバンドに捧げたといっても過言ではありません。
軽音部に入り、最初は好きなバンドやタレントの製造から始まりました。
僕はギターボーカルだったので、ギターの練習も日毎していました。
おんなじバンドが好きな同士という、流行っていた曲を練習してきて仕事場であわせ、曲としてかりに成り立ったときの気持ちよさは、バンドをやっている顧客しかわからないと思います。
始めて世間で演奏したのは学祭でした。
見ているあなたも盛り上がり、腕を挙げノッてくれているのをステージの上から見極めるのは果たして楽しかっただ。
同士に誘われ始めてライブハウスで演奏したときは、同士ではない先方も見ている中で、懸念でミスしめくりでしたが、大人になったような感覚で、あのときのことは忘れられません。
卒業するまでに独特曲を作り上げるようになり、ライブハウスも再三演奏し、必ず良い土産だ。http://www.offroad-kangaroo.com/