僕は小学校の位から国語が好きで国語の分野がうりになりました。

私の娯楽は漢字だ。
ぼくは小学校の内から国語が好きで国語のプランがうりになりました。
国語にはたくさんの漢字が出てきます。
自分の知らない漢字を知っていくうちに楽しくなってきて漢字も好きになっていきました。
その気持ちは中学校、高校生といった学年が上がっていくにつれ、大きくなっていきました。
ハイスクールの時には漢字検定を受けました。
もとから漢字が歓迎だったので検定も面白く受けれました。
高校生二年生の時に漢字検定の3級って準2級を受けました。
とも1回で通過できて極めて嬉しかったです。
後日、2級も受けたのですが上10場所足りずに落ちてしまいました。
頑張って勉強した当たり、上10場所足りずに落ちてしまったことが何ともびっくりでした。
その悔しさをバネに苦手な科目を徹底的に稽古しました。
そうしたらあっぱれ通過できました。大いに嬉しかったです。
またTVのクイズ番組などで見られる漢字クイズを説くのも好きです。
難読漢字を読んだり、書いたりするのがだいぶ楽しくて面白いだ。
また自分の知らない感じも知れるので嬉しいだ。お金がないときにはカードローンを使って